50代・アラフィフが結婚相談所で失敗しないために知っておきたいこと


結婚相談所の選び方

結婚相談所と聞くと、ちょっと敷居が高く、費用も高いのでは?というイメージですよね。

婚活サービスの中でも、結婚相談所は一番費用が高いですがその分、会員の結婚意欲も高く、成婚率が高いと言われています。

しかし50代・アラフィフのあなたが、結婚相談所を選ぶ場合、失敗しないために知っておくべきことがあります。

結婚相談所はどんなところか、費用はどのくらいかかるのか、メリットとデメリットについてご説明します。

結婚相談所があなたに合っているかどうかがわかります。

スポンサードリンク
レクタングル大

結婚相談所には2つのタイプがあります

あなたがどちらのタイプに合うのか、をまず確認してみましょう!

結婚相談所には、仲人型とデータ・マッチング型があります。

「仲人型」は、昔で言う「世話焼きおばさん」の様な担当者の今までの経験から、お相手探し、お互いの人柄や良さを伝え、お見合いや交流のサポートしてくれます。個人の結婚相談所に多いです。

「データ・マッチング型」は、登録したデータの中から検索し、すべての項目で両想いとなったお相手を紹介します。大手結婚相談所に多いです。

仲人型の結婚相談所

担当者が、仲人から始まり今では、会社によって呼び名が違い、「婚活プロデューサー」や「専属アドバイザー」など色々な呼び方で呼ばれています。

紹介・お見合い:担当者が、その人に合ったお相手を選定。

デート・お付き合い・交際:担当者を介して連絡を取り合いお見合いがスタート。担当者と話をしながら交際する人を決めます。

メリット:

人による丁寧なサポート、個人経営は大手より手厚いサポートが望めます。

お見合い当日のアドバイスや、日程調整をやってくれたり、相談をしながら婚活できるため、成婚率が高いです。

デメリット:

初期費用やお見合い、成婚料などの費用が高いこと。

会員数も少なめ。

お相手の同意がないとお見合いまで進まないため、出会えるまで時間がかかることも。

ぴったりのタイプ:

初対面の人と話すのが苦手な方、結婚を目的とし真剣な方、どんな婚活をしていいかわからないので相談したい方、婚活で疲れた悩みも聞いて欲しい方など。

データマッチング型の結婚相談所

自分のプロフィールやお相手の希望条件を登録し、登録者のデータからお相手探しを行います。

希望条件にマッチングした方がいた場合、メッセージを送り、お相手から連絡が来た後、基本的に本人同士で、電話や実際に会うといった流れになります。

紹介・お見合い:自分でお相手の条件で検索。

デート・お付き合い・交際:ネットワーク上でやり取りし、当人同士で会う約束を決めます。連絡先交換は自己責任。

メリット:

会員数が多くたくさんの方と出会えます。

自分の理想としている条件から、お相手を見つけやすい。

費用は仲人型より安い。

自分の好きな時間に、PCやスマホで簡単に検索できる手軽さがある。

デメリット:

担当者がいるところもあるが、基本は自分が積極的に活動する必要がある。

サイト自体の安全性や、お相手が本当に独身なのかなど、本人確認証明書が徹底されているか、安全性を見極める必要があります。

ぴったりのタイプ:費用を抑え、積極的に行動できて、自分の好きな時間に効率的に婚活したい方。

仲人型は、費用が高いですが、手厚いサポートがあります。

データマッチング型は、費用は安いですが、手厚いサポートはあまり期待できず、自力で活動する必要があります。

つぎは気になる費用について、どれくらいかかるかご説明します。

結婚相談所の登録してからの流れ

  1. 無料体験: サービス内容や希望するお相手がいるか説明とヒアリングを行います。
  2. 入会: 担当者と活動計画を作ります。
  3. 紹介・申し込み・お見合い
  4. デート・交際スタート: お互いに意気投合したらデートの約束をし、良ければ交際がスタートします。この時は複数交際して結婚相手を選びます。
  5. プロポーズ: プロポーズがうまく行けば退会です。
  6. 成婚退会

無料体験で、希望するお相手がいるか必ず確認し、望めないのであれば入会せず、違う婚活サービス(婚活サイト・アプリ、婚活パーティー)に時間を置かずに変えることが大切です。

結婚相談所でかかる費用はどれくらい?

結婚相談所の費用は、他の婚活サービスに比べても高いので、あらかじめどれくらいの費用がかかるのか把握しておきましょう。

費用は結婚相談所によって違いますが、一般的にかかる費用はどれくらいかご説明します。

一般的にかかる費用は、平均10数万です。

初期費用「入会金」「登録料」「活動サポート費」+月会費+成婚料です。

初期費用:3万円前後が多く、20万円以上のところもある。

月会費:1万円代が多い。

成婚料:0円~10万円。

結婚相談所によって、初期費用が高いところもありますし、成婚料がかからないところもあります。

1年間にかかる費用は、仲介型が40万~60万くらい、

データマッチング型は20万~30万くらい、費用だけ見たらデータマッチング型の方が安いですね。

しかし、費用が安い=良いというわけでもなく、費用が高い分、徹底したサポートがあり、結果成婚まで早くなることもあるので、費用が安いということだけで決めてしまうのは、失敗してしまう可能性もあります。

どちらかのタイプを決めて、その中でも、担当者と話した感じ。婚活をやっていけそうな雰囲気などを、実際に無料相談へ行って、直接行って会って確かめて見ることが大切です。

 仲人型データマッチング型
担当者◎ 専任〇 会員掛け持ちが多い
サポート◎ 手厚いサポート△ 基本自分次第
会員数△ 少なめ◎ 多い
費用✖ 高め〇 低め

さいごに

結婚相談所で、仲人型、データマッチング型どちらが合うか決まったら、中高年向けサービスを提供しているところで、同年代の会員が多いところを選ぶのが失敗しない選び方です。

年齢より若い人ばっかりだったら、なかなか出会えません。

無料体験でサービス内容や、希望のお相手がいるか、説明を受けてみてから入会を決めるようにしてくださいね。

また、この人だったら信用できる、お任せしたい、と思うような人(担当者)へお願いするのも、結婚相談所を選ぶ際のポイントです。

もし、結婚相談所はあなたには合わないと思われたら、婚活サイト・アプリに登録してみることをおすすめします。

わたしも結婚相談所の無料体験へ何ヵ所か行きましたが、入会しても出会いが期待できないと感じたため、婚活サイト・アプリへ登録しました。

▼こちらの記事を参考にして下さいね▼

50代女性向け婚活アプリ5選!安全なサイト選びと注意すべきことは?