結婚式で失敗しないドレスの選び方について【50代女性】必見


50代は、甥や姪、従兄弟などの結婚式に、親戚として出席することが増えますよね。

しばらく結婚式に出席していないと、今までの服が入らなかったり、カタチが古くなったりと、これから用意したいと思っているあなたへ、

50代女性が親族として恥ずかしくない、ドレス選ぶ際の、気をつけるべきことや、選ぶポイント、購入?それともレンタル?するべきかなど、結婚式で失敗しないドレス選びができる情報をご紹介します。

白地は、新婦のドレスとかぶってしまうので、選ばないというのは最低限のマナーですが、そのほかにも、気をつけることがあります。

スポンサードリンク
レクタングル大

結婚式に参加するふさわしくない服装

  • 結婚式の2次会や食事会などに着ていくドレス
  • ドレスと共布ではない上着
  • スカート丈がひざ上や、肩出しなどの肌の露出したドレス
  • 全身光沢感が無い黒いドレス

50代女性にふさわしいドレスは「フォーマルドレス」

View this post on Instagram

フォーマル メッセージ・ ドットコムさん(@formalmessage)がシェアした投稿

親族として出席するときは、派手過ぎない、少し控えめな「フォーマルドレス」が理想です。

フォーマルとは「正式」「型にはまったもの」という意味です。

上記のワンピースとジャケットは、かたちはシンプルですが、光沢感のある生地、ワンピースのレース使い、ジャケットも襟元や前開き部分が華やかです。

ワンピースとジャケットの素材が同じということだけで、フォーマル感がでます。

華やかさを出すアクセサリーも大切です。首元のパールのネックレスだけで全体に華やかさがでます。

フォーマルドレス選びのポイントは5つ!

  1. 光沢ある生地(シルク、トリアセテート、ポリエステル)。
    綿、麻、ニットは避ける。
  2. 着丈は膝下で膝がでない丈選びを。
  3. 袖のあること、袖なしワンピースでも上着を羽織る。
    フォーマルアンサンブル(ジャケットとワンピース)が使いやすい。
  4. アクセサリー(ネックレス、コサージュ、バック)で華やかさを。
  5. 色は白を避け、黒、紺、グレーが基本。

View this post on Instagram

フォーマル メッセージ・ ドットコムさん(@formalmessage)がシェアした投稿

黒のスカートは持っている方が多いとおもいますが、上記のジャケットを合わせた、ジャケットスタイルもフォーマルです。

スカートではなく、フォーマル用の黒のパンツも使えます。

コサージュは、顔を華やかにする効果があります。

つける位置は、顔に近い方が顔まわりが華やかになります。

結婚式のドレスは、購入?それともレンタル?

結婚式のドレスは、買うこともできますが、レンタルすることもできます。

50代女性が着るフォーマルドレスは、おおよそ4万円以上です。購入すべきか、レンタルすべきかお悩みのあなたへ、それぞれのメリット、デメリットをしらべてみました。

結婚式のドレスを購入する場合のメリットとデメリットは?

フォーマルドレスは百貨店のフォーマルウエア専門売り場で購入できます。

購入するメリット

  • 新品を着ることができる。
  • 百貨店の知名度と、店員さんのアドバイスも受けられるため安心できる。
  • 自分に似合ったドレスが見つかる。

購入するデメリット

  • 買いに行く手間がかかる。
  • 価格が高額。
  • クリーニング代や保管の手間がかかる。
  • 体型が変わった場合着れなくなる。
  • 親族の結婚式が何度かあった場合、同じドレスを着るようになる

結婚式のドレスをレンタルする場合のメリットとデメリットは?

ふだんの服装もレンタルできる今、レンタルドレスのお店も増えています。

レンタルするメリット

  • ネットのレンタルドレスはネットで申し込みは簡単で手軽。
  • 購入するよりも高額なドレスが安くレンタルできる。
  • 親族の結婚式で同じドレスを着なくてもいい。

レンタルするデメリット

  • 新品ではないため生地感が心配。
  • 実物が見れない。
  • ネットの場合、試着ができないとサイズが合わない場合がある。
    サイズ表記だけでなく、実測値を確認することが重要!
  • 気に入ったドレスを何度も着たい場合は、購入した方がお得の場合もある。

さいごに

結婚式のドレス選びはいかがでしたか?

50代女性が親族の結婚式に出席するドレスは、会場の雰囲気に合った「フォーマルドレス」が理想です。

結婚式に友人としてお呼ばれされたときに着ていく服装よりも、女性らしく華やかなフォーマルで、派手過ぎず、すこし控えめなドレスにしましょう。

また親族の結婚式に参加する場合、親族同士で服装を確認しておくことも必要です。

ドレスを購入するかレンタルにするかは、これから着る機会の頻度や、それぞれのメリット、デメリットで、あなたに合った方法で準備してみてくださいね。

レンタルドレス「おしゃれコンシャス」は50代向きのドレスが検索できて種類も豊富です↓

親族の結婚式に出席するドレス

今回ご紹介した「東京ソワール」は全国に店舗があり、下記から検索できます。


「東京ソワール」は、フォーマルウェアのリーディングカンパニーとして日本女性の生活文化の向上とフォーマルライフの充実を実現します。