パーソナルカラーとは?無料で受けられる診断とアプリ診断とは?


ファッションをより楽しむことのひとつに、自分に合う色選びがあります。

色味によって顔映りがまったく変わります。

色によって、ほうれい線がかったり、かったりなんてことも!

パーソナルカラー診断のレポートと、今すぐできる診断アプリ、診断を無料で出来るところなどをご紹介します。
pin

スポンサードリンク
レクタングル大

パーソナルカラーとは?

名前の通り、自分に似合う色のことです。

パーソナルカラーは肌・目・髪・が調和した色で、1色ではなく、春夏秋冬の4シーズンのグループになっています。

同じ赤でも、深みある赤や、鮮やかな赤など、4つの色味の中から、自分に合う色を診断することができます。

ファッションだけでなく、化粧品の似合う色もわかります。

パーソナルカラーについてのわかりやすい動画がありました↓

パーソナルカラー診断を受けてきました!

大好きなファッションとファッションブログを行う上で、パーソナルカラーは前から興味があり、今回はパーソナルコーディネーター協会主催の無料イベントへ行ってきました。

診断は、4種類(緑、青、ピンク、赤)の生地を顔の下にあてて、肌映りを見ます。

ひとつの色でも4シーズンごとの色味をあてて見て行きます。

似合わない色は、肌がくすんだり、影ができてほうれい線がくっきり見えたり!びっくりです
私の場合は濃い色は似合いませんでした。

似合う色は、肌映りが良く明るい印象で、ほうれい線も薄い!

ちょっとした色の違いで、まったく変わることを実感できました。

その他、瞳の色や肌の色(ファンデーションを塗っていたので首の色も見ていました)などもチェックして出た結果は、「夏」summer(blue base cool soft)でした。

夏の似合う色のタイプは、
ブルーがベースになっている色。
明るいパステルカラー。
灰色がかったグレイッシュで上品な色。

自分では秋色だと思っていたので意外な診断でした。
好みの色とパーソナルカラーは別物なのですね。
パーソナルカラー診断では気づきがあるしとっても楽しかったですよ^^

パーソナルカラーの分類と診断方法の動画がありました↓

4シーズンで似合う色はわかりましたか?

パーソナルコーディネーター協会主催の無料イベントは年に1回。次回は来年の11月29日です。

でも来年まで待ちきれないですよね^^

ネットでも無料診断できるサイトも数多くありますが、写真をとって簡単に診断できるアプリがあります!

パーソナルカラー診断ができるスマホアプリとは?

  • メガプリ パーソナルカラーサーチ(PCS)
    http://mega-pri.co.jp/application/
    顔写真をとって4シーズンに分類し似合う色を診断してくれます。
    めがね屋さんなので、自分に合っためがねもアドバイスしてくれます。

診断結果は・・・ここでは「秋」でした^^;

先に受けたパーソナル診断結果は「夏」。

うーん、どっちだろう・・・自分の似合う色知りたい!

パーソナルカラー診断が無料で受けられます。

パーソナルカラー診断が無料!でも根気が必要!?

無料で診断できるところを調べて見つけたのが、新宿伊勢丹の「婦人カラー診断」

毎月16日に翌月の予約を電話(03-3225-3579)で取ります。
しかしなかなか繋がらない!リダイヤル何回しても繋がらない。

受付開始10:30から1時間半リダイヤルしっぱなしで、繋がったと思ったらすでにいっぱいに。。。。
根気が必要ですが、今月も頑張ってトライします!
念願叶って受けることができたら報告しますね^^

手持ちの洋服を合わせて見たら

別々の診断で「夏」と「秋」という結果が出たので、手持ちの服で、それぞれの色を合わせて見ました。

  • 夏のカラー「ピンクベージュ」
    タンスにしまったまま着てなかったニットを久々着てみたら、他の人から「いい色ね」「その色似合うね」と!よくよく鏡で見てみると、顔映りも明るく華やか。

つぎに

  • 秋のカラー「濃い青緑」
    大好きな色のニットですが、改めて着て良く見てみると、ピンクベージュよりも顔がふけて見えるかも~と自己分析。^^;

やっぱり「夏」色が似合うのかしら?
自分の似合う色だと印象もだいぶ変わることを発見できました!

さいごに

パーソナルカラー診断受けてきました!自分に合う色知っていますか?はいかがでしたか?

ファッションを選ぶ際にも、自分に似合う色を知っていることで、おしゃれも楽しくなり、ほかの人から見た印象も良くなります。

仕事や人付き合い、婚活でも大きな好影響がありそう!と思いました。

まずは無料で診断して、ご自分に似合う色を知ってみてはいかがでしょうか。