40代で婚活してわかった前向きになれる10つのこと

40代で婚活してわかった前向きになれる10つのこと

40代の婚活って、わかっているけど、現実は厳しいですよね。

・今から婚活、恋愛できるのかな?

・どんな婚活をしたらいいかわからない

・婚活しても選ばれない

・このままひとりかと思うと寂しく不安

あなたは「40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活」という本をご存じですか?

40代の独身女性の浅見さんは、恋人いない歴9年以上、婚活歴2年、ゴールが見えない中で、厳しい現実から色々な気づきを得ていきます。

本を読みながらリアルな婚活を体験でき、婚活が前向きにできるようになります。

今回は、婚活をやってみてわかった前向きになれる10つのことを、私の婚活中の体験を交えてお話しますね。

この記事を読んだら、40代が婚活に対してて前向きになり、ひとり寂しい生活から、ふたりで幸せと思える楽しい生活を過ごせるようになりますよ。

新しく始めるのに遅いということはない

40代の婚活新しく始めるのに遅いということはない

趣味を新しく始めるのに遅いといったことがないように、

婚活だって同じ、いつからだってできます。

成功している人は、やろうと思ったら出来るかぎり早い行動していることです。

浅見さんが婚活を始めたのは44歳。

私は48歳から真剣にスタートして結婚しました。

婚活がおわっていないのでエラそうなことは言えないが、婚活を始めるのに遅いということはない、と思った。

それは、婚活に限らず、何事もそうかもしれない(ときには年齢の壁にうちひしがれることもなくはないが)。

「めんどくさい」は傷つきたくないから

40代の婚活「めんどくさい」は傷つきたくないから

若い頃とは違い、40代の婚活は「めんどくさい」の壁が非常に高いです。

婚活や恋愛が「めんどくさい」という気持ちは、

・まだやったことが無い事に対する不安

・やって失敗した時の恐怖

いやなことは避けていてばかりでは、状況は変わりません。

「めんどくさい」という気持ちがあったら、とにかく行動してみることです。

実は、恋愛をしなかった本当の理由は、めんどくさいじゃなかった。もう、恋愛で傷つきたくなかったからなのであろう。

(略)でも、傷つくことを怖がっていたら何もできないし、何も変わらない。たとえば仕事においてだってそうだ。失敗を恐れていたら新しいことは何もできない。でも時代は日々変化している。

動けば何か必ず発見がある

40代の婚活動けば何か必ず発見がある

動けば良いことも悪いことも発見があるけど、動かなければ悩みや不安が大きくなるだけで、今のまま何も変わらないことが分かります。

動いて多くを経験することで、現実がわかり、自分がどうすべきか分かってきます。

自分から動いてみると、すぐに恋愛は始まらなくても、なんらかの発見はある。先に書いたように私は婚活パーティーに参加してみて少しだけ自信の芽が持てた。

でも、もしかしたら「婚活してみたけどやっぱり結婚したくない」という結論に至るかもしれない。

でも、やらずにそう決めつけているより、やってみてその結論に至ったほうが後悔はない。自ら動けば必ず得られるものがある、と思った。

婚活を公言したら新たな出会いも増える

40代の婚活、婚活を公言したら新たな出会いも増える

親にも友人にも婚活を公言したことで、出会いのチャンスは増えました。

「言ったことはやらねば!」という強い気持ちと「みんなを驚かせてやる!」というワクワクした気持ちで、とにかく行動した分出会いも増えました。

婚活を公言して良かったことは、友人からの励ましが、支えになり、頑張れたことです。

ある友人に「絶対に結婚するから」と宣言したことがあり、結婚後「有言実行」すごい!とびっくりされたりしました。

婚活はひとりで思い悩むことが多いけど、公言すると出会いも増えるし、まわりの人からの支えがあり、楽な気持ちで行動することができますよ。

「40代で婚活中」とみんなに言うのはとっと恥ずかしいかもしれない。私も恥ずかしさがまったくなかったわけじゃない。でも、公言することで、他にも得られたことがある。

それは、お誘いが増えたこと。

婚活を習慣化すれば継続できる

40代の婚活を習慣化すれば継続できる

なにかやる前はしんどいことも、一度やってしまえば、当たり前のように習慣化できることってありませんか?

婚活も同じ、婚活はスケジュールを組んで習慣化すれば継続できます。

また、いつまでにどうするか目標を立てると、実行力もアップします。

私は仕事が休みの土日のどちらかを「婚活の日」にしていました。

2週間に1回でも、婚活の日を決めておけば、計画が立てやすく継続もできます。

私は婚活が習慣化されたことによって、婚活に割く時間の捻出方法が上達した(笑)。(略)婚活パーティーへの参加やデートを土日にするようになったら、趣味やメンテナンスを平日夜に回すようになり、仕事はなんとしてでもそれまでに終わらせるようになった。時間の使い方が変わり、メリハリがついた。

相手のNG条件よりOK条件を見つける

40代の婚活相手のNG条件よりOK条件を見つける

婚活を始めたころは、相手のNG条件はいくつもあるけど、OK条件は具体的にわからなかったです。

しかし、婚活を始めて色々な人との出会い、現実の厳しさを実感すると、ダメなことばかり言ってても、自ら出会いを狭めてしまっていることに気がつきました。

目の前にいる人の、少しでも良いところを見つけてみることです。

相手のNG条件ばかりが浮かんだら、2回目も会うつもりで、相手のOK条件をなんでもいいので探して見ることが、成功への鍵です。

結婚したい、一緒にいたい男性を探すことって、NG条件をあげて合致しない人を排除することではないんだとやっとわかった。

相手のいいところを見つけていく。そのいいところが、もともとちょっと苦手だったNG条件を凌駕するほどステキなら、そんなNGは実はたいしたことないのかもしれない

男性と会うごとに男性の好みが明確になっていく

40代の婚活、男性と会うごとに男性の好みが明確になっていく

婚活する回数を重ね男性と会うごとに、男性の好みが明確になります。

すごい好み!なんて人はめったにいないから、あまり期待しないでいると、それぞれにいい所が見えてきます。

私は「一緒にいて居心地がいい」人がいいな~と思ってました。

実際に今の夫は、一緒にいて楽で居心地がいい、こんな人っているんだな~と思いました。

浅見さんの様に、本当に譲れない条件を書き出すと、それ以外のことは気にならなくなりますよ

婚活デートを重ねることでNG条件ではなく「こういう男性がいいな」というOK条件が、自分の中で見えてきた。婚活をやって「結婚相手に“本当に”譲れない5つの条件」はこう変わった。

条件1仕事の面で尊敬できる

“条件2言葉づかいが穏やかで優しい

条件3レディーファーストで紳士的

条件4一緒にいて居心地がいい

条件5安心できる誠実な男性

うまくいかなかった相手とはご縁がないと思う

40代の婚活、うまくいかなかった相手とはご縁がないと思う

いいな~と思っている相手に対して、相手に気持ちがないことがわかっていても、あきらめきれなかったり、気持ちが先行して余計に嫌われ要素を作ってしまい、うまくいかないことありませんか?

だめだと分かっている相手に時間を費やすのはもったいないです。

40代の婚活は、短期決戦!

うまくいかない相手とは、ご縁がなかったんだ、次へ行こう!という、気持ちの切り替えも必要です。

自分の中にフラれた理由を探さない。探しても結局落ち込むだけ。あのときアレしてれば、コレしてたら・・・。できなかった自分を責めてしまっていた。

だけど「ご縁がなかった」と思うようにしたら、自分を責めなくなったし、後悔もしなくなった気がする。

ひとりで楽しめるけど、ふたりで得られる楽しさもある

40代の婚活ひとりで楽しめるけど、ふたりで得られる楽しさもある

男性と過ごす時間は、恋愛ご無沙汰女子でも、恋愛していた頃を思い出し楽しくなります。

「ひとりを十分楽しめたけど、これからはふたりで楽しみを分かち合えたらいいな」

「一度きりの人生、自分のためにじゃなく、誰かのために何かをしてみたいな」と思えます。

結婚した今、思っていたよりも、喜びも楽しさも倍以上。

もちろん悲しい時苦しい時も、ふたりで分かち合えることはありがたいことです。

40代の婚活は、必ずしも結婚という形式にこだわらなくても、パートナーと一緒に得られる楽しさだってあります。

男性と一緒に食事をすること、たわいもないおしゃべりをすること、ただ並んでお散歩すること、一緒に何かを観ること、(略)どうしたら喜ぶか考えること。ふたりですることも、楽しいと思えた。

継続は力なり、でも婚活に疲れたら休息をとる

40代の婚活継続は力なり、でも婚活に疲れたら休息をとる

婚活を続ける中で、出会いがなかったり、出会いがあっても続かなかったり、始めての人との出会いだけでも、結構疲れますよね。。。

疲れたら休みましょう!

婚活パーティーやデートもうまくいかずに、ちょっと休もうと選んだのは、好きな時間にできる「婚活サイト」でした。

年齢を気にせず、多くの人と出会え、毎日の様にメッセージ交換をするうちに、婚活疲れは解消!

婚活サイトを始めて婚活が楽しくなりました。

また「自分磨き」にも気を遣うようになりました。

メイク、ヘアスタイル、ボディーケア、バランス良い食事など、今できることをやってみましょう。

婚活に疲れたら休息方法はひとそれぞれ、あなたの気持ちや心が休まる方法を選んでくださいね。

出会った男性たちと全くうまくいかない。フラれるばかり。婚活歴半年で、立て続けに3人の男性からフラれた直後は、私もすっかり「婚活疲れ」してしまった。(略)自分の魅力を最大限発揮したり、相手をちゃんと見る目をキープするには、適度な婚活休みだって必要だ。

▼参考記事▼

40代・50代におすすめの婚活サイト・婚活アプリ7選【徹底比較】
婚活って何をしていいかわからない、婚活中だけどうまくいかない、なんてことはありませんか? 先を考えると、ひとりは寂しいし、どうしていいかわからなくなりますよね。 婚活が成功する鍵は、40代50代の婚活に強い場所で一日も早く行動することです。 40代、50代の婚活に強い婚活サイト・婚活アプリをランキングでご紹介します。

まとめ

40代の婚活は厳しい現実が多いけど、つらい婚活でも、やってみると前向きになれます。

1 新しく始めるのに遅いということはない
2 「めんどくさい」は傷つきたくないから
3 動けば何か必ず発見がある
4 婚活を公言したら新たな出会いも増える
5 婚活を習慣化すれば継続できる
6 相手のNG条件よりOK条件を見つける
7 男性と会うごとに男性の好みが明確になっていく
8 うまくいかなかった相手とはご縁がないと思う
9 ひとりで楽しめるけど、ふたりで得られる楽しさもある
10 継続は力なり、でも婚活に疲れたら休息をとる

40代の婚活は、必ずしも結婚がゴールとは限らず、これからの人生をどう生きるか、どう生きたいかを考える良い機会でもあります。

婚活を成功する秘訣は、前向きに継続することです。

そして行動するのはあなた次第。

想像してみてください。ひとりの寂しい生活から、ふたりで幸せな生活を過ごしているあなたを。

▼婚活力をアップしたいなら今すぐ購入▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました