スニーカーコーデのポイントと大人におすすめスニーカー♪

スニーカーコーデのポイントと大人におすすめスニーカー♪

大人のスニーカーコーデは、スニーカーが運動靴に見えないよう、全身スポーティーではなく、スニーカーを「ファッション」として取り入れることです。

スニーカーコーデのポイントは、全身がカジュアルにならない様に、どこかにきれいめアイテムを取り入れることです。

こんなお悩みありませんか?

  • 大人がおしゃれに履けるスニーカーはなに?
  • スニーカーをどうコーデしたらいいの?

大人がおしゃれに履けるスニーカーのタイプと、おしゃれなスニーカーコーデをご紹介します。

これを見れば、大人のおしゃれなスニーカーコーデが今日からできます!

スポンサーリンク

きれいめタイプのスニーカー

アディタスのスタンスミス

きれいめタイプのスニーカーは、カタチが細身で飾りがなくすっきりしたスニーカーです。

アディタスのスタンスミス、ゴールデングース、コンバースのオールスターなどです。

きれいめタイプのスニーカーに合うコーデは?

きれいめタイプのスニーカーに合うコーデは、パンプスやサンダルに合わせているファッションを、スニーカーに変えて見ると簡単です。

定番であらゆるシーンで合わせやすい【アディタスのスタンスミス】

 

定番のアディタスのスタンスミスは、ベースが白で何にでも合わせやすいのが特徴です。

アウターがカジュアルなGジャンでも、センタープレスのきれいめなパンツを合わせるだけでおしゃれ感がでます。

パンツではなく、ひざ丈下のロングスカートを合わせてもいいですね。

またパンツと同じ色のジャケットにすると、お仕事などきちんとした場所でも使えます。

サングラスとバングルなど、アクセサリーや小物で、おしゃれ感を出すことが、大人のスニーカーコーデのテクニックです。

スタンスミスはコーデしやすいので、「白」は持っていて損はしませんよ。

ワンランク上の大人スニーカ【ゴールデングース】でエレガントに

 

ゴールデングースは、スニーカーのなかでもエレガントです。

存在感が大きいスニーカーなので、コーデはシンプルにすると落ち着きます。

たとえば色を統一するとすっきり見えます。全身ネイビーと白の2色ですっきり統一されていますよね。

また、バングル、バック、スニーカーのシルバーがアクセントになっているので、夏の装いに取り入れたいスタイルです。

おしゃれポイントは、バックです。

トートバックの様にカジュアルであると、普通っぽいけど、シャネルのバックをスニーカーに合わせるところが、大人コーデです。

ブランドものを持つときはあえて、カジュアルコーデにしてみるといいですよ。

カジュアルでもエレガントでもコーデできる【コンバースのオールスター】

 

コンバースのオールスターローカットは、どのようなファッショににも合わせやすいので1足は持っていたいスニーカーです。

黒のコンバースに、全身黒でコーデしていますが、素材感や光沢感の違うアイテムを取り入れることで、単調で暗いイメージになりません。

パンプスでも似合うコーデでも、コンバースで合わせると、意外に合います。

全身黒でも、スカートとバックの素材感を同じに、バックのドット、時計や指輪のシルバーが統一されているので、とてもおしゃれに見えます。

【高級ブランドスニーカー】にはシンプルなファッションがちょうどいい

 

グッチの様な、高級ブランドのスニーカーは、ファッションをシンプルにすると、スニーカーが引き立ちます。

ファッションをシンプルにすると、ブランドが引き立ち上品になります。

逆にファッションの多色使いや、過度なアクセサリーは、せっかくの高級スニーカーが安っぽく見えてしまうので、控えたいですね。

上下ネイビーのファッションに、白のスニーカーだけだったら、ちょっと寂しい感じになりますが、柄ものスカーフをしても、グッチのバックとスニーカーが統一感あります。

スポーティータイプのスニーカー

pin

スポーティータイプは、ナイキやニューバランスなど履きやすいスニーカーです。

最近では、厚底やボリュームがあるスニーカーが人気です。

スポーティータイプのスニーカーに合うコーデは?

スポーティータイプのスニーカーに合うコーデは、スニーカーを運動靴にしないこと。全身をスポーティーにしないことです。

大人スニーカーの定番【ニューバランス】は履きやすく、コーデしやすい

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿

ニューバランスはスニーカーの中でも根強い人気があります。

足元が目立ちスポーティーな印象になりがちですが、ひざ丈下のフレアーやタイトスカート、足首が少し見えるロングスカートで女性らしくコーデすると、足元が目立ちすぎません。

また、スポーティータイプのスニーカーは、カラフルなカラーが多いですが、モノトーンカラーが失敗しません。色数を少なく、ファッションと合わせた色を選ぶのがポイントです。

グレー、ネイビー、ベージュは人気カラーです。

スポーティータイプのスニーカーほど、女性らしいファッションをするのが鍵です^^

スポーティータイプのスニーカーに合わせる【Tシャツとデニム】はすっきり見せる

RIKACOさん(@rikaco_official)がシェアした投稿

スポーティータイプのスニーカーにTシャツとデニムは、最も合わせやすいアイテムですが、実はとっても難しいです。

大きめのTシャツやデニムだと、スポーティー感が協調されて、おしゃれ感がなくなります。

すっきり細身で短めに。色使いも抑えめに、色数は少なめに。またTシャツの生地感で安っぽく見えてしまうので「質」も重要です。

ヘアースタイルもすっきりまとめ髪が、若々しく見えるポイント。

スポーティータイプのスニーカーは、ご近所さんスタイルにならないよう、気をつけたいですね^^

きれいめスニーカーでも、スポーティースニーカーでも、スニーカーコーデをする上で、簡単におしゃれに見せるコツがあります。

派手になりそうな【ナイキのスニーカー】のファッションはシンプルに

 

 

View this post on Instagram

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿

スポーティータイプなスニーカーで、多色使いや、色が派手なスニーカーは、派手になりそうでうですが、ファッションを単色でシンプルにするとコーデが簡単!

シンプルなワンピースは色もデザインんも主張が強くないのが素敵なコーデです。

またバックが全体をおしゃれに見せてますね。

ヘアースタイルをまとめてすっきり、腕や背中の見える部分が多いのも、抜け感テクニックです!

やらなきゃ損!得するスニーカーコーデのポイントは?

スニーカーコーデのポイント

スニーカーに合うアイテムを着ても、ちょっとしたことで、とってもおしゃれに見せるコツがあります♪

首・手首・足首を見せること

 

View this post on Instagram

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿

スニーカーコーデに限らず、体の細い部分を見せるとスタイルが良く見えて、今流行りの抜け感ファッションができます。

特にスニーカーを履く場合、足首を見せるとおしゃれな感じがでるので、ロングスカートを履いた場合でも、足首を少し見せ、パンツも長めの丈はロールアップすることで、おしゃれ度がアップします。冬は寒いのでブーツで防寒^^

またスニーカーコーデで、大人にかかせないアイテムがロングスカートです。

いちばん太いところを隠して、いちばん細いところ(足首)を見せることができるので、体型もカバーできておしゃれに見えます。

トップスも丸首よりVネックの方が、小顔効果もありスタイルがきれいに見えます。

靴下は見せないこと

スニーカーから靴下を見せない

スニーカーから靴下が見えるといきなり運動靴に・・・^^;

短めのスニーカーソックスを!
とくにスポーティータイプのスニーカーでは気をつけたいですね。

しかし、短めのソックスだと、歩いていると靴下が脱げることありませんか?

私は最近コンバースのオールスターを良く履きますが、無印良品のスニーカーソックスは脱げないので愛用しています。

サイドの浅い部分から靴下が見えてしまう部分がありますが、スニーカーと同じ色を履けば気になりません。

アクセサリーや小物で女性らしさを演出

スニーカーコーデはアクセサリーや小物で女性らしさを演出

きれいめタイプでも、スポーティータイプでも、大人のスニーカーコーデに、かかせないのが、アクセサリー、小物、ヘアースタイルです。

ネックレスやイヤリングをつけたり、帽子やサングラス、ヘアースタイルをちょっとまとめるだけで、おしゃれな雰囲気に変わります。

イヤリングやネックレスなど、目線を上にもっていけば、下半身も目立たずスタイルも良く見えて、さらにおしゃれ感がアップしますよ。

つや感や、色味は、全身のバランスを考えて統一してくださいね。

まとめ

大人のスニーカーコーデのポイントは、全身がカジュアルすぎず、おしゃれアイテムを取り入れることです。

スニーカーは、きれいめタイプとスポーティータイプがありますが、最近はスポーティータイプのスニーカーをおしゃれにコーデするのもトレンドです。

パンプスやサンダルなどに合わせているファッションでコーデすると意外に簡単です。

  • 色や形などシンプルコーデをベースにする。
  • 全身に使う色は、多くは使わず、2色に統一する。
  • アクセサリーや小物でおしゃれ感をアップする。

首・手首・足首を見せるだけで、全身のバランスが良くなり、スタイル良く見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました