隅田川花火大会2017!ゆっくり鑑賞できる穴場スポットセレクト5


東京の夏の風物詩といえば、東京で最も有名な、隅田川花火大会です。
また、一番混雑する東京の花火でも隅田川花火大会が浮かんでくる人も多いと思います。
私も行ったことありますが、とにかく行きの駅から混雑、地上に出るまで行列、その時は浴衣だったので、暑く、着崩れもして、大変な思いをした事があります。

しかし混んでいるとは分かっていても、隅田川花火大会を見たい人は多いと思います。そんな方へ、ゆったり鑑賞できる穴場スポット5つをご紹介します。

スポンサードリンク
レクタングル大

隅田川花火大会はどんな花火大会?

毎年7月の最終土曜日に開催され、今年は隅田川花火が昭和53年に復活してから40回目をむかえる記念の年の花火大会です。

そのため、第一会場、第二会場ともに各1000発ずつ増やし、計2万2000発になり、例年にも増して盛り上がる大会となりそうです。

見どころはなんと言っても、スターマイン!そして花火大会で優秀な成績を収めた10社による花火コンクール新作花火も見逃せません。

動画がありましたのでご覧ください。

隅田川花火大会2017の日程や時間などの詳細

  • 開催日:2017年7月29日(土曜日)
  • 会場と時間 :第一会場  桜橋下流~言問橋上流19:05~20:30
    第二会場  駒形橋下流~厩橋上流19:30~20:30
  • 打ち上げ数:約2万2,000発
  • 昨年の来場者数:約95万人
  • 問い合わせ: 隅田川花火大会実行委員会事務局 03-5246-1111(代表)

※お祭り・イベントなどの情報は事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で確認してください。

最寄り駅と行き帰りの混雑をさけるポイントは?

行きは、第一会場は浅草橋駅、第二会場は蔵前駅が最寄り駅ですが、大変混雑する為、何駅か離れている駅で降りて移動した方がいいです。

帰りは、終了後しばらく混雑しているので、お店などでしばらく待つか、最寄り駅を使わず、何駅か離れている駅まで歩いた方がいいです。

ゆったりと鑑賞できる穴場スポット5

隅田川の花火を目の前で見る場所は混雑しているのはあたり前、穴場スポットと言っても早めに行かないと座って見られない場所も沢山あります、程よい距離で混雑が少なく、ゆったりと花火が見られる穴場スポットをご紹介します。

東武ホテルレバンド

東武ホテルレバンド24階のスカイツリー(R)ビューレストラン&バー簾(れん)で、隅田川花火大会特別鑑賞プランとして、日本料理懐石(飲み放題付き)と、第一会場、第二会場の花火、そしてスカイツリーも眺める事ができます。また1泊2食付きの隅田川花火大会観賞宿泊プランもあります。

予算:2名\80,000~
問い合わせ:レストラン予約課 03-5611-5591

動画がありましたのでご覧ください。

浅草ビューホテル

東京スカイツリーが一望できる浅草の高層ホテルです。26階のスカイグリルブッフェ武藏でグリル料理をブッフェスタイルで頂けるレストランがおススメだったのですが、確認した所、直接予約は受け付けてないようで、既に満席でキャンセル待ちでした。
東京スカイツリーから隅田川花火大会がご覧いただけるご宿泊プランはまだ空いている様です。

問い合わせ:宿泊予約 03-3842-4890 



花火の日はどこも高めの料金ですが、ホテルよりもリーズナブルな穴場スポットもあります。 

「カフェムルソー」

隅田川沿いの、駒形橋と吾妻橋近くにある、リバーサイドカフェ。
第二会場の目の前という事もあり早めの予約が必要です。→満席になったため予約を締め切りました

※ご予約は7月3日(月)15:00より お電話のみで受付けます。
TEL.03-3843-8008 担当/浜田
お一人様20,000円(税込)お子様も同額です

「ロッソペペロンチーノ錦糸町店」

花火は第一会場、第二会場とも見えますが小さめながらもきちんと見えます。

場所:錦糸町駅北口ショッピングモール「アルカキット錦糸町」10階
料金:特別コースおひとり様7,000円(税抜き)
問い合わせ:ロッソペペロンチーノ 錦糸町店 03-5819-3527

いままでお店をご紹介しましたが、やっぱり花火は外で見たい方へ穴場スポットがあります。

大横川親水公園内の芝生エリア

建物の合間から第一会場の花火をシートを敷いて見る事ができます。
とうきょうスカイツリー駅から徒歩4分という便利な場所なので、早い時間から場所取りは必須です。
動画がありましたのでご覧ください。

動画はどうでしたか?花火はきちんと見えますよね。 

さいごに

隅田川花火大会をゆったり鑑賞できる穴場スポット5をご紹介しましたが、いかがでしたか?穴場でも予約でいっぱいなんて事がありますので、早めにご予約をしてくださいね。

穴場で見れるスポット情報は「東京で行ってみたい花火大会2017」にもありますのでご覧ください。