江戸川区花火大会2018穴場スポットの場所取りと有料チケットは?


江戸川区花火大会は、エキサイティング花火2018とネーミングがついていますが、千葉県市川市の「市川市民納涼花火大会」と東京都江戸川区の「江戸川区花火大会」が同時開催する花火大会です。
打ち上げ場所は江戸川区側ひとつで、江戸川区側から見るか、川を挟んだ市川側から見るかになります。
観客動員数が日本一で、東京の花火大会の中でも人気がある、2018年江戸川区花火大会の日程や場所取りポイント、有料チケット情報についてご紹介します。
はじめに動画がありましたのでご覧ください。

いかがでしたか?動画からも花火の映像と音の迫力が感じられますね。

スポンサードリンク
レクタングル大

江戸川区花火大会はどんな花火大会?

毎年8月の第一土曜日に開催され、今年で43回目となる花火大会です。
花火の特徴は、8つの異なったテーマで構成されていて、各テーマのBGMに合わせて花火が打ち上げられます。見どころは、なんと言ってもオープニング、なんと5秒間1,000発打ち上げによる、迫力満点の江戸川名物となっている花火です。

そのほか、富士山の仕掛け花火やパステルカラーの色鮮やかな花火など、さまざまな演出の花火が見れます。

はじめに、江戸川区花火大会の日時や、打ち上げ場所などの詳細から見て行きましょう。

江戸川区花火大会2018の日程や時間、打ち上げ場所は?

  • 開催日時:2018年8月4日(土曜日)19:15~20:30
  • 打ち上げ場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
  • 打ち上げ数:約14,000発
  • 昨年の来場者数:約139万人(江戸川区側90万人、市川市側49万人)
  • 屋台:市川市側に約100店 屋台を楽しみたい人は市川側へ!
  • 問い合わせ: 江戸川区花火大会実行委員会事務局03-5662-0523
    ※お祭り・イベントなどの情報は事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で確認してください。

江戸川区花火大会の最寄り駅と行き帰りの混雑をさけるポイントは?

  • 江戸川区側
    JR総武線 小岩駅から徒歩25分、都営新宿線 篠崎駅から徒歩15分
  • 市川側
    JR総武線 市川駅から徒歩15分、京成線 国府台駅から徒歩20分
  • 行徳会場
    東京メトロ東西線 妙典駅 原木中山駅から徒歩20分

行きは、小岩駅、篠崎駅、市川駅大変混雑するため、早めに着くように移動し、
帰りは、篠崎駅、市川駅特に混雑するため、少し離れた他の駅を利用したほうがいいですね。

江戸川区花火大会で有料席は?

市川側の市川市民納涼花火大会で、有料席のチケットが6月後半にチケットぴあより販売されます。
詳しくは、市川市民納涼花火大会のホームページに掲載されます。

会場:大洲3丁目地先 江戸川河川敷 (千葉県)
公演などに関するお問い合わせ先: 市川市民納涼花火大会実行委員会事務局:047-711-1142イス席(下段)6,000円※パイプ椅子 のみ空席あり
※2018年7月16日現在
チケットぴあインフォメーション  0570-02-9111

有料席はもちろん良い席で花火が見れますが、無料でも良い場所があります。

江戸川区花火大会が見える穴場スポットと場所取りのポイントは?

河川敷の夏場は風で煙が花火を邪魔してしまうこともあるので、当日の風向きも場所取りを行う上でのポイントとなります。
江戸川区花火大会では前日からの場所取りが禁止されているので、当日でも場所取りできるスポットをご紹介します。

  • 篠崎公園

有料席がない江戸川側ですが、最も打ち上げ場所から近く、迫力ある花火が見れる場所です。
篠崎公園は第一公園と第二公園があり、打ち上げ場所に近いのは第一公園です。公園内の芝生広場は一番人気で、いい場所から早く埋まってしまいますが、場所を選ばなければ、当日夕方でもどこかしら空いてます。
トイレや近くにコンビニが近くにあるのも便利です。
動画がありました。


花火の迫力も満点ですね。

  • 篠崎緑地 篠崎ポニーランド付近

江戸川の河川敷、篠崎緑地の中にある江戸川グラウンドポニーランド前野球場は、打ち上げ場所から少し離れていますが、花火は良く見えます。

動画がありました。


花火は良く見えましたよね。

  • 行徳会場

市川側の河川敷、打ち上げ場所から遠いので、比較的混雑せず、空いている場所でゆったりと見ることができます。

東京メトロ東西線 妙典駅から徒歩20分と少し離れているため、迫力ある花火とは言えませんが、花火は良く見えます。

さいごに

2018年の江戸川区花火大会についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
日本一混雑する花火大会ですが、ご紹介した穴場スポットは、広い場所なので、場所取りもさほど苦労することなく、ゆったりと見ることができます。
江戸川河川敷内であれば、JR総武線の鉄橋から京葉道路までの範囲内で見ることができますよ。
また行き帰りの最寄り駅は、時間帯によって大変混むので、早めの移動がおススメです。