出雲大社の観光おすすめコース!縁結び神社を巡る旅2日目


1日目は、出雲大社をメインに巡るコースをご紹介しましたが、2日目は、どこに行ったらいいの?と迷っている方も多いと思います。訪れた経験をもとに、2日目のコースは、縁結び神社「八重垣神社」やパワースポットから、「玉造温泉」までのコースをご紹介したいと思います。
鏡の池

スポンサードリンク
レクタングル大

【午前10時スタート】→八重垣神社

良縁はもちろん、子宝のご利益で人気の神社です。
訪れたときは、出雲大社よりも女子率が多く、みんなのご縁を求める共通の思いが、知らない人同士でも笑顔にさせてしまう、元気になれる=パワーをいただける場所です。

まず、お参りをしたら、有名な「鏡の池」で縁占いをしましょう。
水の上に紙と10円か100円を浮かべ、沈んだ場所と時間で占います。早く沈めば良い縁がすぐ訪れ、近くに沈めば良い人と近くで出会うということがわかるので、楽しみながらできますが、みなさん結構真剣です。

つぎは、縁起の良い「夫婦杉」です。3本あるので、すべて目に焼き付けておきましょう。
また、お守りも色々あります、おみくじも引きましたが、ここでも周りの女子が、きゃーと喜んでいるのを聞いて、思わず微笑んだりして、とにかく気分アップで八重垣神社を後にしたことを覚えています。

国法 神塊神社(かもすじんじゃ)
【バスで約11分】

パワースポットとも呼ばれていますが、とても神聖な気持ちになれた神社です。
日本最古の神社ということもあり、鳥居から社殿まで歴史を感じます。
アクセスが少し不便ということもありますが、ほかの神社とはまた違った気を感じた神社です。

松江駅
【バス かんべの里から約30分】

ここでランチをとりましょう。

玉造温泉駅
【JR約9分】→玉作湯神社【バス 玉造温泉まで約5分】

玉造温泉街の奥に、温泉と勾玉の神さまが祀られている玉作湯神社があります。
良縁祈願の願い石「叶い石」が人気です。
パワーストーンを境内の願い石につけてお願いをすると、パワーが石に伝わり自分だけのお守りになります。
私もしっかり持っていましたのでご利益があったのかも。

玉造温泉街
【徒歩約5分】

玉造温泉は、女性に嬉しい「美肌の湯」、日帰り温泉もたくさんあるので、温泉でのんびりするのも良いですし、温泉街には出雲神話に出てくる8体のユニークなオブジェや、玉造温泉のシンボル勾玉の橋で写真を撮るなどして温泉街を散策するのも楽しいです。

また、玉湯川にある「しあわせ青めのう」の石に触ると幸せが訪れるとか!

さいごに

出雲大社の観光おすすめコース2日目は、いかがでしたか?
アクセスが少し不便なこともあるので、なるべく行きやすく、行って良かった=ご利益があった場所をセレクトし、余裕があるコースをご紹介しました。
バスの本数が少ないので、バスや電車の時間は事前に確認して計画してくださいね。
出雲大社をメインとして巡るコースも、出雲大社の観光おすすめコース1日目に掲載しましたので、よろしければご覧ください。