アラフィフで婚活して結婚できました、結婚報告で様々な反応


出会った日から3週間もたたない内に、両親には、付き合っている人の報告を飛び越え、
いきなり結婚したい人がいることを報告する事となりました。
始めて出会った日から、お互いに前から出会っていた様な感じがして、
それからは、ほとんど毎日会う中で、お互いにずーっと一緒にいる様な感じがしました、本当に不思議な出会いです。
星の数ほど沢山の人がいるのに、その中で私達は「本当に良く出会ったね」と度々話しをしています。
今まで長い事彼氏もいなかったアラフィフの私が、両親や友人などに、
いきなり結婚報告をした時の様々な反応、そこから学んだ事をお話します。

スポンサードリンク
レクタングル大

娘を思う父の気持ちはいくつになっても

私の家族は、今は亡き父、母、弟(まだ独身~)の4人家族です。
出会う前までのお正月は、毎年家族団らんで年を越します、
新年そうそう父は、空いている席を見て、「おかしいな、ここの席に座る人はまだかな?」などと冗談っぽくつぶやきます。冗談ではないことは百も承知ですが、冗談っぽく言う父に「ひとりでどうか出来るものでは無いの、ご縁が無くてごめんね」「今年こそは出会いがある様に頑張るね」という気持ちでした。
母は父以上に気を使っていたのか、その事については何も言わず、父の突っ込みに「いいから」と制すような母でした。

出会いから15日目に両親へ報告

主人は私の年齢や初婚で結婚を望んでいる事を考えてくれて、「早めに両親に挨拶に行った方がいいね」と言ってくれました、出会いから15日目に、母とランチをして、ドキドキしながら食後のコーヒーが出てきた時に、気持ちを落ち着かせて、出会いがあり、そして結婚をしたい事を話ました、母は出会ってそんなにすぐに結婚って!?という感じでビックリしていましたが、ふたりで挨拶しに家へ行くことを伝えると、落ち着いた感じで、「良い話が聞けました、家に来てくれる事を楽しみにしているね」と笑顔で言ってくれました。
かなりのスピード婚!いきなり結婚って!びっくりするのはあたり前ですよね、でも母はとても喜んでくれました。

母が家に戻って父に「重大ニュースがあるの」と、
父は、「宝くじでも当たったか!」と、
母が私の事を伝えると「え!まさか」という驚きの表情で
「心臓が一瞬止まった」と言っていた様です。
本当にそのくらい驚いた様です。

典型的な昭和の父はこの時喜びと驚きと、なにより早く家に連れてきなさいという感じだったと思います。

アラフィフ独身女子からの様々な反応

私の大半の友人は、驚きと共にとっても喜んでくれましたが、主人のアラフィフ独身女子の反応は別物でした。
主人は、私と知り合う前から付き合いがあった、仕事仲間のアラフィフ独身女子と飲んだり交流があり、その仲間に私を紹介してくれようとして一緒に行きました。
挨拶程度の会話で、それから興味を持ってもらえなかったのか、仕事の話で盛り上がり、

入る余地無でした、でもそれはしょうがない事と思っていたのですが、どうやら私の存在が気に入らなかったのか、
それ以降主人は、その人からの仕事は一切無くなったどころか、他の人に私を連れてきた事が気に入らないような事を話したらしく、別の女性から主人に電話がかかってきて「2度目は失敗しないように」などと言われたり、SNSから外されたりと、いじめとも言える事がしばらく続き、主人は辛かったと思います。
私に対しても、主人が付き合っていた昔の彼女の話をされたり、一緒にいても無視されたり色々な事がありましたが、私のせいで仕事を失った主人に申し訳ない気持ちと、

そんなアラフィフ独身女子の、焼きもち、寂しさ、なのかその様な態度が不憫でした。
でも男子って女子の気持ちに無頓着なところがあるから、
もしかしたら合わなくても良かった人達なのかもしれません。
しかし「こんな事に負けない!私が主人を支えて行こう!」と決めました。

さいごに

アラフィフで結婚と言っても、みんながおめでとうと,祝福してくれるとは限らない事、特にアラフィフ独身女子、自分より年上の女子には、色んな面で配慮する事の重要さを学びました。いろんな人がいて、いろんな思いがあるのだからしょうがないですね。
これからも色々な事があるのだろう、でも「ふたりだったら乗り越えられる!」という強い気持ちになれた事に感謝です。