アラフィフで婚活して結婚できました、「1.5次会」の進め方


ふたりだけや、親族のみで結婚式を行った場合など、久しい友人やお世話になった方へ、披露宴よりはカジュアルに、2次会よりはフォーマルにお披露目会をするのが「1.5次会」です。 私も親族のみの結婚式でしたので、結婚パーティーと称して「1.5次会」を行いました。   会場選びから、誰が何をすればいいのかについてご紹介します。

スポンサードリンク
レクタングル大

最初に行う会場選びと幹事さんへお願い

新郎新婦にとって、結婚式の準備で忙しい中、1.5次会の会場選びは、後回しになりがちです。基本準備は新郎新婦、当日は幹事さんにお願いする事となりますが、早めにお任せ出来る幹事さんを選び依頼をし、連携を取って進める事がポイントです。

会場選びの際に必要な事とは

  • 日時
  • 場所
  • 参加人数(リストアップする)
  • 予算
  • 演出

会場選びの時点で人数は確定できていないので、参加人数をリストアップしたら、大体の人数で会場選びを行います、また当日何を行うかも決めて、内容に応じて、ピアノやステージなどの設備がある場所などを考えます。

また、会場選びは結婚式準備と同時に行う為、早めに選ぶことがおすすめです、私は2か月前に会場選びを開始し、その時点では幹事さんも決まってなかった為、反省すべき点でした。

会場選びのポイントとは

場所はアクセスの良さを重視

親族のみの結婚式の後に開催する場合は、アクセスが良い所をポイントとします、また会場によっては、結婚式から会場まで送迎や、最寄り駅から会場までの送迎がある所もありますので確認してみて下さい。

参加人数や演出による会場スタイル選び

参加人数を基本にし、演出内容によって会場選びが変わります、たとえばピアノの演奏や、歌や踊りなどを行う場合は、その演出に合った会場選びが必要となります、私の場合その様な条件でしたので、レストランの貸し切りも考えましたが、閑静な住宅街にある会員制サロンを借りました、オシャレな一軒家で、ホームパーティーの様な雰囲気が私達には合いとても良かったです。

会場の下見をして会場を決める

会場を探したら、早めに打ち合わせへ行きます、この時も出来れば幹事さんと一緒に行く事をおすすめします。私の場合は、始めふたりで会場へ行き、その後に幹事さんにお願いをして、会場まで打ち合わせへ行ってもらったので、時間がかかってしまい効率が良くありませんでした。

新郎新婦と幹事さんの役割について

誰が何を行うか、最初に役割分担をすることが、準備から当日までスムーズに進行できるポイントとなります。

新郎新婦で行う事

  • 参加人数のリストアップ

会場選びの際に参加人数が必要です、大体の参加人数をリストアップします。

  • 会場探しと申し込み

会場探しの段階で幹事さんと連携が取れればベストです。

  • 招待状で出欠席の確認

私の場合、新郎新婦それぞれの招待者へメールで連絡を行ったのですが、返信確認や確認メールなどメールのやり取りに時間がかかってしまい、途中から幹事さんへお願いをした事があった為、招待状に出欠席確認をお願いし、返信して頂くのが理想的です。

幹事さんにお願いする事

  • 演出

幹事さんが主導で、新郎新婦は話し合いに加わる程度が理想的、新郎新婦が演出までやろうとするとかなり無理が生じる為、基本演出は幹事さんにお願いしましょう。

  • 当日の司会進行

司会は基本ひとりがベストです、また当日の進行もお願いしますが、準備段階でコミュニケーションを取りながらお願いします。

  • 会計

会費制ですので、受付でお金を管理してくれる方は、信頼のおける方を幹事さんの中からお願いすると良いですね。

さいごに

「1.5次会」を行う上で、新郎新婦と幹事さんとの連携がとても大切です。

また幹事さんだけにお願い、といった事が無いように、連絡を取り合い、配慮する事も必要です。新郎新婦は結婚式の準備と重なる事もある為、何をするべきか事前に確認、準備をする事をしっかり押さえておく事がポイントです。

アラフィフで結婚報告とお披露目をして、友人やお世話になった方々に祝福までして頂き、とても良い思い出となりやって良かったです。

自己負担を抑えて挙式・披露宴・1.5次会をしたい方におすすめが会費制です。
「会費婚」のサイトはこちらです→会費婚