大曲の花火ツアー2017年東京発のバスツアーと新幹線ツアーの選び方は?


大曲の花火と言えば、秋田県大仙市で開催される、日本三大花火大会のひとつです。
人口約4万人弱の大仙市大曲地区が大会当日には、観覧者数80万人になり、全国的にも大変人気がある花火大会です。
東京からも行く人が多い花火大会ですが、交通や宿泊、観覧席などの予約はどうすればいいのか、気になる人も多いと思います。
花火大会周辺のホテルは1年前から予約でいっぱいのところもあります、また花火を良い席で見る為の確保も気になるところですよね。
ツアーでしたら、往復の交通や宿泊、観覧席もパックになっているので安心です。
ツアーも沢山あるので、選ぶ際のポイントやメリット、デメリットについてご紹介します。

スポンサードリンク
レクタングル大

大曲の花火はどんな花火?

今年で第91回目となる、全国花火競技会「大曲の花火」は、毎年8月第四土曜日に開催され、
2017年は8月26日(土曜日)です。
花火は2部構成で、昼花火は17:30~と、夜花火は18:50~、夕方から始まる昼花火は色彩が綺麗なことで有名ですが、ツアーの場合当日の道路状況により見られない場合もあります。

見どころは夜花火です、1年かけて制作するワイドスターマイン「大会提供花火」は大変人気があり、夜の部のオープニングのナイアガラ付スターマイン、そしてなんと言ってもラストは、観客が花火師に感謝の気持ちを、ライトを振って伝える「エールの交換」は感動する瞬間です。

2016年の大曲の花火 大会提供花火「歓喜」の動画です。


交響曲第九に合わせた迫力ある花火でしたね。

ツアーを選ぶメリットとデメリットは?

東京など離れているところから行かれる場合、交通手段、宿泊先、観覧席の確保が必要になりますが、ツアーを申し込んでしまえば、個別に手配は不要なのが最大のメリットです。
個人の車で行った場合は、会場周辺は大渋滞、駐車場の確保も会場から離れていることもあり、大会に間に合わなかったりすることも考えられます。
また費用は車よりも高くなってしまうかもしれませんが、個別の手配は不要で、良い席で花火を見ることが出来ればリーズナブルと言えるかもしれません。
バスツアーの場合、駐車場から会場まで片道徒歩で1時間半くらいかかるのがデメリットです。

ツアーを選ぶ際のポイントや確認すべきことは?

  • 花火の見どころの、夜花火20:40頃から始まる「大会提供花火」が見られるか。
    また、大会の最後まで見られるか。
  • 昼花火も出来たら見たいもの、確認してみて下さい。
  • 有料観覧席(桟敷席)がついているか。
    個人で有料観覧席を確保するには、抽選となり当選しないと席を確保できないため、入手困難です。
    A席(定員6名) 23,000円
    C席(定員5名) 15,000円
    イス席(定員1名) 3,000円

A席は、花火がいちばん良く見え迫力があります、前の席は近いので花火を見上げる感じになり、後ろの席は花火が見えづらいこともあります。
C席は、土手の斜面にあるので、目線の高さで花火を見られますが、A席から見る花火の迫力には劣ります。有料観覧席は板敷なので、座布団やクッションなどあるといいです。

また2016年まで、自由席は観覧無料でしたが、2017年からは有料観覧席となりました。
1名1,000円(高校生まで無料。当日徴収です)
詳しくは、「大曲の花火」オフィシャルサイトで確認してみてくださいね。

そしてツアーで交通手段を選ぶ際のポイントは、時間がかかっても安く行きたい場合はバスツアー少し高くなっても、渋滞も無く短時間で行きたい場合は、列車と新幹線ツアーです。

大曲の花火ツアー東京発にはどんなツアーがあるの?

  • 四季の旅
    バスツアーが最安値のツアーです。
    車中泊ツアーが1万円台、1泊2日のツアーも29,800円からあります。
    おひとり参加もOK!
    花火大会終了時まで観覧できます。
    観覧席も選べ、花火が近いA席観覧席は、ひとり5,000円UPです。
    先着150名売り切りです。
  • クラブツーリズム
    バスツアー、列車・新幹線ツアーがあり、豊富なプランが用意されていています。
    おひとり参加もOK!
    1泊2日のツアーは、温泉付きツアーもあるので、花火以外にも楽しめる大曲の花火大会ツアー
    があります。
    有料席(桟敷席)付きプラン有り。

その他、宿泊先も高い宿から安い宿までありますので、旅行会社比較サイトTravel.jpなどをチェックしてみてくださいね。

さいごに

遠くの場所で有名な花火大会を見に行く場合、個人で交通、宿泊先、観覧席の予約をすることや、車の運転で渋滞にはまれば、駐車場探しに時間がかかり、大会に間に合わなかったなんてことも、そうなると行くまで疲れてしまいそうですが、大曲の花火大会ツアー
に申し込めば、個人での手配は不要なので、当日の花火を待つのみで、花火を楽しむことができます。
仮設トイレにはトイレットペーパーは無いので、ティッシュは必ず持参しましょう。
大曲の花火は特に人気がありますので、早めのご予約をおすすめします。