調布花火大会2017!日程や打ち上げ場所は?有料席と穴場スポット3選


今年で35回を迎える、調布の花火大会は、花火と映画音楽をコラボレーションさせた、多彩なプログラムが人気の花火大会です。
毎年8月に開催されていますが、2017年は10月、秋に開催されます。
今から打ち上げ場所や有料席、穴場スポットをチェックして、花火が良く見える場所を先取りしてみませんか?

スポンサードリンク
レクタングル大

調布花火大会はどんな花火大会?

東京都調布市で開催される花火大会で、今年は最大8号玉の大玉が、8,000発予定されています。そのほか、花火と映画音楽をコラボレーションさせた「ハナビリュージョン」はいちばんの見どころです。

毎年夏に開催されますが、今年は秋ということなので、夏の暑さからは解放され、過ごしやすい気温の中で見られるのは嬉しいですよね。
そして秋空の澄んだ夜空に上がる、迫力ある花火はきれいに見られそうですね。

「ハナビリュージョン」の動画がありましたのでご覧ください。

調布花火大会2017の日程や時間などの詳細

  • 名称:映画のまち調布“秋”花火2017(第35回調布花火)
  • 開催日時:2017年10月28日(土曜日)17:30~18:30予定(開会式17:00~予定)
    ※雨天中止(実施の可否は当日10:00までに決定)
  • 打ち上げ場所:調布市 多摩川河川敷(二ヶ領上河原堰付近中洲)
  • 打ち上げ数:約8,000発
  • 昨年の来場者数:約35万人
  • アクセス方法:
    布田会場: 京王線 布田駅より徒歩20分/調布駅より徒歩25分
    京王多摩川会場: 京王相模原線 京王多摩川駅より徒歩10分、調布駅より徒歩20分
    電通大グランド会場: 京王線 調布駅・布田駅より徒歩20分
  • 問い合わせ: 調布市花火実行委員会 042-481-7311

行き帰りの混雑をさけるポイントは?

行きは、布田会場までが混雑するため、早めに移動することがポイントです。15時ぐらいまでに移動できると無料で鑑賞できる場所取りもできます。
帰りは、最寄り駅が混雑するので、比較的すいている、国領駅や登戸駅を利用するのがおすすめです。

調布花火大会2017の有料チケット情報

打ち上げ場所付近で鑑賞したい方はもちろんのこと、場所取りをせずにゆったり見たい方、またトイレが空いているのが、最大のメリットです。
有料席の販売は8月頃を予定されていますが、
例年の価格は、F席(1名シート自由席)2,500円からS席(4人テーブル指定席)20,000円まであります。

  • チケット販売日: 8月14日(月)
  • チケット購入方法
    1、店舗で購入・・・ローソンチケット(全席)
    店舗:ローソン・ミニストップ2、インターネット予約後、店舗で受け取り・・・チケットぴあ(布田テーブルS、布田テーブルA、布田升、多摩川升以外)
    店舗:チケットぴあ・セブン‐イレブン・サークルK・サンクス

    3、電話予約後、店舗で受け取り・・・イープラス (布田テーブルS、布田テーブルA、布田升、多摩川升以外)
    店舗:ファミリーマート

今年は開催が「秋」なので、夏の暑い時期に移動することに比べたら、少し早めの場所取りも、夏よりつらくないかなと思います。
それでは、おすすめの穴場スポット3選をご紹介します。

調布花火大会2017のおすすめ穴場3選

花火が打ち上げされる、多摩川河川敷の有料席エリア、布田会場と京王多摩川会場付近に、無料の鑑賞席エリアがあります。
2人までならば、当日15時頃までに移動できれば、場所取りはスムーズにできるのでおすすめです。
その他の穴場をご紹介します。

1、イトーヨーカドー国領店の屋上

穴場と言っても地元の人に人気な場所です。
今年も見られるか確認が必要ですが、例年17時から無料開放しています。打ち上げ場所からは遠くなりますが、国領駅から徒歩10分です。飲食やトイレの心配がないもいいですね。

2、下布田公園

布田会場からも近く、調布駅から徒歩9分、布田駅から徒歩7分とアクセスの良い場所にある公園です。トイレと水道があります。

3、稲田公園、稲田幼年野球場

打ち上げ場所から少し離れた、川の反対側の場所ですが、花火は良く見えます。
稲田堤駅から徒歩8分ですのでアクセスも良い場所です。

さいごに

調布花火大会2017の詳細や穴場スポット3をご紹介しましたが、いかがでしたか?
今年は秋の開催なので、夏より澄んでいる秋空のきれいな花火と、場所取りも移動しやすく快適に花火を鑑賞できそうですね。
また有料席も人気があり早くに完売してしまうので、8月に入ったらチェックしてみて下さいね。