秋冬レディースファッション!2017年に人気のコート5選


秋のおわりから冬にかけて、コートは必需アイテム!
コートは他のアイテムよりちょっと高めで、
毎年買い換えることは、なかなかできないもの。

今年は新しいコートが欲しいな~と思っている方は、きちんとリサーチしてから買いたいですよね。

気になるのは
「どんなコートを買ったらいいの?」
「どんなコートが人気なの?」

おまかせください!^^
アラフィフの私が、2017-18のAW(autumn-winter)コレクションなどをリサーチし、普段のファッションに取り入れられる、2017年秋冬に人気のコートをご紹介したいと思います。♪
pin

スポンサードリンク
レクタングル大

1、「チェスター」コートはシンプルに

pin

スーツの上着の様なデザインで、ここ数年注目されているチェスターコート。
実は定番なので、シンプルなデザインを購入すれば長く着ることができます。
選ぶときのポイントは、スカートやパンツにも合わせやすい、ひざ丈。
カラーは何にでも合わせやすい黒を選びたくなりますが、黒いコートをお持ちでしたら、
トレンドカラーの茶系の中でもキャメル色やレッド、ブルーがおすすめです。

近年は電車の中が暑いと感じるようになり^^;
冬にチェスターコートを良く愛用してます。
首回りにストールを巻けば防寒対策もばっちり!
とくにカシミアは暖かく軽くておすすめです。

2、「ファー」つきコートは部分的が上品

今季トレンドのファー、部分的に取り入れると上品です。

FRAY I.Dのコートはこちら↑
ノーカラーで袖口のファーがポイントとなって女性らしいです。

ダイアグラムのライダースはこちら↑
袖口や襟元ではなく、ウエストや裾のファーは大人っぽくおしゃれです。
ファーのコートに、デニムでかっこよく合わせるのが今季流です。
ちょっとハード感が苦手という方は、ウールやカシミヤのショートコートにファーがついているコートは、ライダースより落ち着いていますよ^^

ファーがゴージャスになり過ぎない様に、ロングコートよりショート丈のコートでカジュアルにコーディネートするのもおすすめです。

3、「ダウン」コートは、ボリュームダウン&軽量化


ヘルノのダウンはこちら↑
定番のダウンはボリュームをおさえた軽量化ダウンが今季流です。
スポーティーからタウンっぽくコーディネートするのがポイントです。
またダウンの上にポンチョやコートを重ねるコーディネートも注目されてます。
取り外せるインナーダウンや、ファーなので色々なスタイルを楽しめますね。

4、「トレンチ」コートは、定番アイテム

pin

きちんとしたイメージがあるトレンチコートは、ちょっとくずした、抜け感でコーディネートするのが今季流です。

ひざ丈のトレンチに、レザーやデニムのスリムパンツで大人カジュアルにしたり、
ロングのトレンチに、ワイドパンツで、足元もパンプスからフラットシューズやスニーカーにするとトレンド感がでます。

ドロシーシューマッハのトレンチコートはこちら↑

5、「チェック柄」コートは、今季の人気柄

pin

今季のトレンドキーワードでもある「チェック」
さまざまなチェック柄のコートが見られます。
pin

スカートとコートを合わせるときは、ロング丈よりも、ひざ丈がおすすめ!コートから出るスカートの分量がポイントです。

チェック柄のコートは、レトロ&カジュアルなコーディネートが今季流です♪
パールのネックレスで女性らしく、ボトムスはデニムでメンズライクなコーディネートも素敵です。

さいごに

秋冬レディースファッション!2017年に人気のコートはコレ!はいかがでしたか?

最近では温暖化の影響か、今季はダウンなどでもボリュームダウン&軽量化されたコートが目につきます。
またダウンの上にコートやポンチョを重ねて色々なスタイルで楽しむタイプのコートもあります。

定番はチェスターコート・トレンチコート・ダウンコート。
トレンドコートは、ファーつきコート・チェック柄コート。
また定番コートでもカラーをトレンドカラーの「レッド」「ブルー」「ブラウン」にしてみるのもいいですね。

「2017秋冬トレンドファッションはコレ!トレンドカラーやキーワードは?」

「2017秋冬コーデ「チェック柄」をデイリーに!使えるアイテム&コーデは?」もご覧ください。

TOMORROWLANDのチェスターコートはこちら↓
TOMORROWLANDのチェスターコート

ヘルノのウールコンビダウンはこちら↓
ヘルノのウールコンビダウン

マッキントッシュフィロソフィーのトレンチコートはこちら↓
MACKINTOSH PHILOSOPHY / マッキントッシュフィロソフィー耐久はっ水 コットンレインクロストレンチコート【送料無料】【cabiafce-l】