夏バテに食べたいおすすめの食事ベスト5!


暑い日はどうしても、冷たい食べ物が欲しくなり、ついつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?冷たい物の食べ過ぎは、胃腸の機能を低下させ、夏バテの原因になってしまいます。

また「量」よりも、栄養のバランスを考えた食事の「質」が大切、どの様な食事が夏バテに良いのか、夏バテにおすすめの食事をご紹介します。

スポンサードリンク
レクタングル大

夏バテに食べたい食事ベスト5「香味野菜で食欲増進」

夏バテで食欲が無い時におすすめしたいのが、夏の食卓で良く目にする、

みょうが、大葉、生姜などの香味野菜です。

香味野菜はすっきりと辛みがあり、食欲増進作用があるので、

食欲があまり無い時でも、薬味などで少しでも取り入れるといいですね。

夏バテに食べたい食事ベスト4「クエン酸で疲労回復」

クエン酸は体内で作られる物質ですが、疲れが出るとクエン酸が不足してしまいます。

そんな時にはクエン酸を多く含む、グレープフルーツやレモンなどの、

柑橘系や梅干がおすすめです。

毎朝梅干しをひとつ食べるなど、手軽に取り入れられますよね。

夏バテに食べたい食事ベスト3「ビタミンCを含む夏野菜」

暑い夜は、なかなか眠れずストレスが溜まり、

体を動かすことも少なくなり、運動不足になりがちです、

ストレスや運動不足が原因となりビタミンCが不足してしまいます。

この様な時は、ビタミンCを多く含む、

パプリカ、ゴーヤ、ナスなどの夏野菜を食べて、ストレスを軽くしましょう。

夏バテに食べたい食事ベスト2「栄養不足だと思ったらナイアシンを」

ビタミンの一種で、ナイアシンが不足すると慢性的な疲労を感じたり、

精神不安定となってしまいます、普通の食事で肉や魚をきちんと食べている場合は、

不足する事は無いと言われていますが、肉や魚をほとんど食べない方は、

ナイアシンが不足している可能性があります。

ナイアシンが多く含まれている、かつお、まぐろ、レバー、鶏ささみなどを食べて、

栄養あるバランス良い食事を心がけましょう。

夏バテに食べたい食事ベスト1「ビタミンB1を多く含む豚肉」

なんと言っても夏バテに取りたい食事と言えば、ビタミンB1を多く含む豚肉です。

ビタミンB1は疲労回復のビタミンとも言われ、糖質をエネルギーに変えます。

その上、豚肉にはナイアシンも含まれています!

夏場はどうしても暑い為、冷たくて甘いジュースや、喉越しの良い麺類が多くなり、

食事が偏りビタミンB1も不足しがちです。

体がだるい、食欲がない、疲れやすいなど、

夏バテの症状が出たら豚肉を取り入れた食事をしましょう。

暑い日にさっぱり食べられる簡単料理は?

豚しゃぶ野菜サラダ

薄切り豚(しゃぶしゃぶ用)肉をお湯にくぐらせます。野菜は、みょうが、大葉、レタス、豆腐などお好みで、ポン酢や、ごまだれをつけて頂きます。

カツオに香味野菜のっけ盛り

カツオの刺身に大葉、みょうが、ねぎなどの香味野菜をのせて、醤油とオリーブオイルを混ぜたものか、ポン酢をかけて頂きます。

また、これらのおかずに、ビタミンB1を多く含む「玄米」も一緒に取り入れるといいですね。

さいごに

夏バテに食べたいおすすめの食事をご紹介しましたが、

今回ご紹介した食事をバランス良くとって、夏バテを解消してくださいね。

また夏バテ予防としてもおすすめですので、暑くなってきたらぜひお試しください。