夏バテ予防におすすめの食材とは?


暑い夏が続くと、暑さで食欲がなくなる事が良くあります。少しの量でも、栄養ある食材を取り入れた食事をする事で、夏バテしない体を作り、暑い夏を乗り越えましょう!

スポンサードリンク
レクタングル大

夏バテを予防するための食事は?

夏の暑い日は、食欲もなくなり、冷たいものや、喉越しの良い麺類などで簡単にすませがち、その為に栄養が十分に取れないと、体も疲れてきます。夏バテを予防する食事のポイントは「食欲増進」や「疲労回復」を意識する事が大切です。

夏バテを予防する栄養素

ビタミンB1

疲労回復のビタミンとも呼ばれ、糖質をエネルギーに変えます。ビタミンB1が不足すると、疲労、倦怠、食欲不振などの症状が出てしまいますので,夏バテ予防には欠かせない栄養素です。

  • ビタミンB1を多く含む食材

豚肉(もも赤身)豚肉(ロース肉)、うなぎなど

「土用の丑の日」にうなぎを食べるのは、うなぎに含まれているビタミンB1がエネルギー補給となり、夏バテ予防に効果的だからです。

アリシン(硫化アリル)

ビタミンB1の吸収を高めてくれる働きがあります。

  • アリシンを多く含む食材

香味野菜の玉ねぎ、にら、にんにく、ねぎなど

ビタミンB1の豚肉と、アリシンの香味野菜を一緒に摂ると吸収を高めてくれるので、ビタミンB1とアリシンを一緒に摂ると効率よく栄養を摂ることができます。また、香味野菜は食欲増進作用もある為、夏バテ予防に積極的に取り入れたい食材です。

ビタミンC

ストレスから体を守り食欲を増進させ、免疫力向上の働きをします。夏の暑い日は、ねむれない夜、ありますよね、睡眠不足がストレスにも影響し、ストレス時にビタミンCの消耗が激しくなります。またストレスから自律神経の乱れ、胃腸の働きも低下するので、免疫力も低下します、そんな時ビタミンCは抵抗力を高め、免疫力を向上する働きもします。

  • ビタミンCを多く含む食材

パプリカ、ゴーヤ、キウイフルーツなど

夏野菜に多く含まれているビタミンCは、水に溶けやすいビタミンなので、一度にたくさんとっても、余分なものは対外へ排出されてしまいます、1日3食の中でバランス良く摂る事と、熱に弱い為、なるべく生で、加熱する場合は短い時間で調理する事します。

さいごに

最近ブームの「甘酒」はビタミンB1を始め、沢山の栄養素が含まれ「飲む点滴」ともいわれています、なんと江戸時代に、夏バテ防止の夏の飲み物として飲まれていました。また女性には嬉しい、美白やアンチエイジングにも効果的なので、「甘酒」も夏バテ予防に効果的です。

夏バテしない体を作るには、毎日の食事に「ビタミンB1」「アリシン」「ビタミンC」の栄養素をバランス良く摂ることが大切です。今年こそ夏バテしない体づくりをしていきましょう。