熱中症対策に効果的な食べ物はなに?


熱中症は初夏や梅雨開けなど、気温が高くなり、湿度が高くなる時に、気を付けないといけません。普段暑くなると、汗をかいて、汗が蒸発し、熱を出すといった、体温の調整をしていますが、体温調整が出来なくなり、体温が上がってしまい、水分、塩分が出て、熱中症になってしまいます。そうならない様に熱中症対策に良い食べ物をバランス良くとって、しっかりと対策しましょう。体が疲れやすく、体調不調の時に、熱中症になりやすくなります。水分補給はもちろんですが、熱中症にならない様に、普段の食事で熱中症対策できる、食べ物についてご紹介します。

スポンサードリンク
レクタングル大

熱中症対策に取りたい栄養素

  • ビタミンB1・・・疲労回復効果があり、疲れにくい体を作り、エネルギー不足を防ぎます。
  • ビタミンC・・・免疫力の向上に効果があります。
  • クエン酸・・・疲労の原因でもある乳酸の発生を抑え疲労回復効果があります。
  • カリウム・・・体内の水分を保持する効果があります。

熱中症対策にとりいれたい食べ物

  • ビタミンB1に多く含まれている食材・・・豚ひれ肉、豚もも、玄米、うなぎなど

玄米のヌカにはビタミンB1が含まれています。たんぱく質も含まれているので、エネルギーも補給できるので積極的に取りたい食材です。

  • ビタミンCに多く含まれている食材・・・赤ピーマン、きゅうり、レモンなど夏野菜や柑橘系など

ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、生のまま食べます。

  • クエン酸に多く含まれている食材・・・梅干し、レモン、グレープフルーツ、酢など

疲れた時にはすっぱいものを食べると良いと言いますよね。梅干しには、塩分、ミネラルが豊富なので、熱中症になってしまった時にでも、食べたい食材です。塩分が沢山含まれているので取りすぎは良くありません。バランス良く取り入れる事が大切です。

  • カリウムに多く含まれている食材・・・スイカ、かぼちゃ、トマト、パセリ、納豆など

夏と言えばスイカですね、

水分が90%以上含まれていて、糖分、マグネシウム、カルシウム等のミネラルも含まれているので、スポーツドリンクと同じような効果があります。

熱中症対策の簡単レシピ

  • ネバネバサラダ

納豆、オクラ、山芋、青じそを、醤油としょうが等で、味付けして混ぜるだけです。冷たいお蕎麦の上にかけてもおいしいですよ。

  • カツオのサラダ

スライスしたカツオの刺身の上に、きゅうり、大根、人参、青じそ、新玉ねぎを千切りにして、醤油とオリーブオイルで混ぜるだけです。

さいごに

熱中症を防ぐには水分補給が大切ですが、普段の食事もバランス良く、取り入れる事も必要です。またウォーキングなどの適度な運動で汗をかくことも熱中症対策に効果的ですので、食事と合わせて行ってみてください。