夏バテの症状で下痢かな?と思った時に確認したい原因と対策


夏の暑い時に起こりやすい夏バテですが、夏バテの症状は、体がだるくなったり、

食欲がなくなったり,体の調子が悪くなる事です。

その中でもお腹が痛くなったりして下痢が起こる事があります。

下痢は辛いですし、外出時だったりすると困ってしまいますよね、

どのような事が原因で、どのような対策をしたら良いかご紹介します。

スポンサードリンク
レクタングル大

暑い夏の下痢は何が原因?

胃腸の機能が低下している

暑い日には、冷たい飲み物や、冷たいお菓子を、

食べ過ぎてしまう事がありますよね。

そうすると胃腸機能の低下が、原因となって下痢を起こしてしまいます。

お腹が痛く下痢なった場合は、冷たい飲み物やお菓子を取り過ぎていないか、

チェックしてみて下さい。

場所の変化による温度差

屋外は暑く、室内は冷房の効いたところで過ごすなど、

場所の変化による温度差が、体に大きな影響を与えてしまいます、

そうなると体温の調整がうまくできず、自律神経が乱れ、疲れや、だるさ、

といった夏バテの症状が出てしまい、下痢の原因となってしまいます。

夏バテの下痢になってしまった時の対策は?

食事を見直してみましょう

夏バテと言えば、栄養があり、食欲増進する食事が理想的ですが、

胃腸が低下している時には負担が大きすぎます。

  • ビタミンB1(うなぎ、豚肉など)
  • アリシン(ねぎ、ニンニクなどの香味野菜)

下痢の時には、胃腸に負担のかかる食事ではなく、温かく消化の良い栄養がある食事をおすすめします。刺激物や香辛料も胃腸に負担がかかる為控えてくださいね。

おすすめの食事はこちらです。

  • 野菜スープ
  • うどん
  • たまご粥
  • 擦りおろしたリンゴ

水分補給も忘れずに

下痢の時は水分が不足し、脱水症状になりやすくなります。

こまめに水分をとる事が大切ですが、冷たい飲み物は控えてくださいね。

  • スポーツドリンク(冷えてない常温がおすすめ)
  • 飲み物は、氷無しで

体を冷やさない様に

室内の温度は、体が冷えない様に温度調整が必要ですが、

自分で温度調整をできない場合は、衣類などで調整してみてください。

  • 羽織れるカーデガンやストール
  • 女性に多くみられる、素足にスカートの場合は、靴下や膝までのストッキング、を持参し着用する
  • 私は冷え性もという事もあり、夏場でも腹巻をしています、薄手でカラフルな腹巻もあるのでおすすめです。

さいごに

夏バテの下痢になってしまった時の、原因と対策は参考になりましたか?

下痢は辛いですから、少しでも早く改善したいですよね、

そんな時は、栄養ある温かい食事と、冷えてない水分の補給、

冷えた室内での衣類対策を実践してみてください。